mySCRAP-next

浅草界隈メインの昼食、及び、自転車散策ついでの昼食・補給食、ときどき、IT系雑感。

IT系雑感

【PCトラブル対策】共有フォルダに格納された、メールファイルを開くと、メール本文の一部が文字化けしたので、対処してみた。

連絡のあった症状

ユーザーAが受信したメールを、ユーザーBに渡すため、ユーザーA・ユーザーBが閲覧できるファイルサーバにて保管。
ユーザーBが、ファイルサーバに保管されたメールを開くとメール本文の一部が文字化けする、とのこと。

ユーザーAの環境 Windows7 , メーラー Sylpheed
ユーザーBの環境 Windows10 , メーラー Windows Live Mail 2012

文字化け例:
イ�=83�ージでお願い致��=97ます。

私の環境 Windows7 にて、
Windows Live Mail 2012 で開くと、同じ症状になることを確認。
Sylpheed で開くと、文字化けせずに、「イメージでお願い致します。」と表記されていることを確認。

んー。困ったね。
本文の全体ではなく、一部の文字化けなのか。
本文の全体なら、100%エンコードの問題だと思うのだが…。

まぁ、とりあえず、Windows Live Mail 2012上でエンコードを変えてみる。
一部文字化けの現在は、UTF-8のようだ。
日本語(自動選択)に変えてみる。→全体が文字化け。
日本語(シフトJIS)に変えてみる。→全体が文字化け。
日本語(EUC)に変えてみる。→全体が文字化け。

うーん。
Windows Live Mail 2012 上では、エンコード指定での対応は難しいようだ。

メーラーが異なることによる問題と判断した

ユーザーAとユーザーBが同じメーラーを使えば、この問題は発生しないハズではあるが、
環境を変えるのも、それなりにリスクもあるからなぁ。

とりあえず、ユーザーBに、Sylpheed をインストールをして、
ファイルサーバに保管されたメールを開くときに、右クリックで、メールを開くプログラムをSylpheedに指定して、開いてもらうことで、(根本的ではないが)解決とすることにした。

メール本文の一部文字化け…という症例が珍しい、と感じ、記録を兼ね、掲載です。

-IT系雑感

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
参考になりましたら、ぜひSNSで拡散してください。